さきもりおたくにっき

ゲームTCGアニメなどなど

[真紅眼考察④]帰ってきたレッドアイズ

 新生活とモンハンで忙しくなってるうちに真紅眼が帰ってきました笑

考察記事という名の新規カード解説です。

画像はあとで追加します。

「真紅眼の黒刃竜」

融合・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
「真紅眼の黒竜」+戦士族モンスター
(1):「レッドアイズ」モンスターの攻撃宣言時に
自分の墓地の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを攻撃力200アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):自分フィールドのカードを対象とするカードの効果が発動した時、
自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードに装備されていたモンスターを自分の墓地から可能な限り特殊召喚する。

まず注目すべきは融合素材の戦士族という条件ですね。

融合といえばとりあえずこれです。

「真紅眼融合」

通常魔法
「真紅眼融合」は1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、
自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・特殊召喚できない。
(1):自分の手札・デッキ・フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
「レッドアイズ」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体を
エクストラデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターのカード名は「真紅眼の黒竜」として扱う。

この専用融合魔法でデッキ融合をすることが出来ますので、能動的に戦士族モンスターをデッキから墓地に送れるということになります。

墓地に送っておいしい戦士族モンスターといえば真っ先にこのカードが思い浮かぶと思います。

「E・HEROシャドー・ミスト」

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1500
「E・HERO シャドー・ミスト」の(1)(2)の効果は
1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「チェンジ」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「E・HERO シャドー・ミスト」以外の
「HERO」モンスター1体を手札に加える。

シャドーミストを墓地に送ってエアーマンをサーチして後続を確保するという動きができます・・・

 

 正直あまりピンときませんが真紅眼融合1枚で後続確保が出来るのは今までにないことです!

 マスクチェンジセカンドも黒鋼竜と好相性だぅたりリビングデッドや戦線復帰などの墓地蘇生カードを共有できます。

ですが、HEROとテーマ内のパワーに差がありすぎるので上手に構築しないと真紅眼が単なる邪魔になりかねないのでそこを注意する必要がありますね。

 

「D-HERO ディアボリックガイ」

効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「D-HERO ディアボリックガイ」1体を特殊召喚する

 サブギミックとして採用しやすい聖刻と相性がいいカードです。

でも聖刻はうまくリンク召喚を組み込めないと大した展開が出来ずに終わってしまうので難しいかもしれません。

 

「幻影騎士団サイレントブーツ」

 効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻 200/守1200
「幻影騎士団サイレントブーツ」の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「幻影騎士団」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「ファントム」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 「幻影霧剣」

 永続罠
フィールドの効果モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
「幻影霧剣」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
対象のモンスターは攻撃できず、攻撃対象にならず、効果は無効化される。
そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「幻影騎士団」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

真紅眼融合発動からすぐに除外してサーチすれば妨害を構えることができます!

「レッドアイズ・インサイト

通常魔法
「レッドアイズ・インサイト」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「レッドアイズ・インサイト」以外の「レッドアイズ」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

このカードから発動できてればレッドアイズモンスターは2枚墓地にあるため初動としては充分役目を果たせているので、その上で妨害を置けるようになるこのカードは先行展開として理に適っているといえます。

ブーツ素引きがアレですがまあそこは妥協しましょう笑

とりあえず純構築では一押しの1枚です。

 

続いて②の効果です

装備魔法を墓地に送って対象をとる効果を無効にするという真紅眼では初めての無効効果持ちモンスターです。

まず今回の新規全般が装備カードを意識してデザインされているということで全体的によく噛み合うカードが既に真紅眼には存在します。

「黒鋼竜」

f:id:sakimori09:20170421224249j:plain

効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 600/守 600
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの
「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを
攻撃力600アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「レッドアイズ」カード1枚を手札に加える。

以前までは基本的に600アップの装備カードで墓地に行ったら金華病で釣り上げてレダメにアクセスする程度のカードでしたが、今回の新規で能動的に装備状態のこのカードを破壊できるため、サーチが行いやすくなり価値が高まりました。

黒刃竜にこのカードを装備するだけで2800+600という打点も相まって割と突破されにくくなるのではないかと思います。

 

少し話題が黒刃竜から逸れますが、この黒鋼竜で最もサーチしたいカードは紛れもなく初動のための真紅眼融合です。

しかし、真紅眼融合の発動ターンには通常召喚や特殊召喚が行えず唯一の抜け道であるセットしか行えません。

なのでこのカードを通常召喚してメタルフォーゼ等で破壊して真紅眼融合をサーチしてもすぐには発動出来ないため、初動のサーチカードとしてこのカードを機能させることは難しいですが、セットのままでも黒鋼竜を墓地に送れる手段としてまあまあ現実的なのが2種類あります。

「無情の抹殺」

f:id:sakimori09:20170421225607j:plain

通常魔法
自分フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択した自分のモンスターを墓地へ送り、
相手の手札をランダムに1枚墓地へ送る。

「ドラゴニックD」

フィールド魔法
(1):フィールドの「真竜」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
アドバンス召喚した「真竜」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、
デッキから「真竜」カード1枚を手札に加える。

前者は非常に単純で、相手の手札を1枚減らしながら真紅眼融合のサーチを狙うものです。この段階で食らうと致命的な相手の手札誘発を引き抜ける可能性もあるのでまあまあアリなカードです。

後者はデッキに真竜要素を混ぜることになります。

真竜皇の復活による相手ターンでの行動は真紅眼融合の制約には引っかからないためそのような意味では噛み合っていますが、真紅眼には他にドラDで割っておいしいカードもなく、永続罠や永続魔法もないためギミックに全く関与しません。

まあそれでも回してみたところ無理矢理出したマスターpがまあまあ強かったのでこれはこれでありかもしれません。

真竜単体ではまず撃てない闇デッキが真紅眼では綺麗に打てるので真竜側に真紅眼を混ぜるメリットが全くないとも言い切れないのではないでしょうか・・・

 

というように2種類ともそれなりにメリットがあるのですが今までは不採用でした。

理由は

黒鋼竜とこれらのカードの2枚が揃わなきゃ機能しないという点と

真紅眼融合を引けているときに引いた黒鋼竜がとても弱いということ です。

 

前者の問題は未だ解決していませんが後者の問題は黒刃竜の登場で先行でも優秀な装備カードとして機能させる役割が出来たため解消されたように思えます。

なので、採用の価値が充分出てきました。

 

先行で使えるカードではないですが装備カードになるという点でグレイドルがなかなかうまく使えそうです。

「グレイドル・イーグル

効果モンスター
星3/水属性/水族/攻1500/守 500
(1):自分のモンスターゾーンのこのカードが
戦闘またはモンスターの効果で破壊され墓地へ送られた場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてその相手モンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードが装備されている場合、
装備モンスターのコントロールを得る。
このカードがフィールドから離れた時に装備モンスターは破壊される。

モンスターを奪った後は黒刃竜の無効効果のコストに出来て、コストにされた後は装備モンスターも破壊されるといったように隙がありません。

メタルフォーゼとかと違い基本的に自爆特攻で発動させるしかないのでそれが少し使いにくいところです。

 

③の効果は真紅眼では特にいい使い方が思いつかなかったので割愛します笑

 

「真紅眼の鉄騎士ーギア・フリード」

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1800/守1600
(1):1ターンに1度、このカードに装備カードが装備された場合に発動できる。
その装備カードを破壊する。
その後、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。
(2):1ターンに1度、このカードに装備されている自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送り、
自分の墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

まさかのギアフリードが真紅眼化です笑

このまま「ギルフォード・ザ・ライトニング」とかも真紅眼化してほしいです。

①の効果は対象をとりません。黒鋼竜を装備すれば即座にサーチしつつ魔法罠を破壊できます。

②の効果は装備カードをコストにレベル7以下のレッドアイズを蘇生します。ここでも黒鋼竜が活躍します。

レベル4闇属性戦士族ということで増援やサモプリに対応していますね。「伝説の黒石」に次ぐ下級モンスターの展開効果持ちということで、今後研究の余地がありそうなカードです。

 

「真紅眼の幼竜」

効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守 700
(1):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキからレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚し、
墓地のこのカードを攻撃力300アップの装備カード扱いとして、そのモンスターに装備する。
(2):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から、ドラゴン族・レベル1モンスター1体を選んで手札に加える。

ビードラゴンの真紅眼化ですかね?

リクルートのトリガーが戦闘破壊のみと、受動的なので展開するためのカードとしてはかなり使いにくいです。

後、恐らくですが②の効果は装備モンスターが先にフィールドから離れてこのカードが墓地に送られる場合は発動しません。(テキストの種類はアキュリスと同じ)

www.db.yugioh-card.com

 

「鎖付き真紅眼牙」

待望のレッドアイズを名前に含む除去罠カードです!

条件が①も②もレッドアイズが場にいることが前提なのと、①の装備の処理を終えてから②の効果なので発動タイミングが難しいです。

そうはいってもやはり、黒鋼竜やレッドアイズ・インサイトから妨害罠がサーチできるようになったのはとても嬉しいことです。

破壊ではない除去ということで幅広いモンスターに対処できるのもいいですね。

 

①の効果はモンスターに2回攻撃なので相手プレイヤーにはできないので注意です。

 

今回の新規はまとめると、

  • 黒刃竜➡性能はまあまあだが生かせる装備カードが少ない
  • ギアフリード➡効果は強力だが装備カード不足
  • 幼竜➡かなり使いにくい
  • 牙➡条件は少し厳しいが優秀な罠

こんな感じです。とにかく使いやすい装備カードがとても少ないです。

でも、真紅眼の新しいことに挑戦し続けるこの姿勢嫌いじゃないです笑(全部中途半端)

割と可能性残してるカードだったので結構満足しています。

新規カードはまだ何枚かあってもおかしくはないので判明したらまた追加していこうと思います。城之内繋がりで竜崎のタイラントドラゴンリメイクください()

ありがとうございました。