夢でレダメを照らしたい

梨子ちゃんビームは2400バーン ファンデッキ考察ブログ

ヴァレットシンクロンについて

9月更新できなくて申し訳ございませんでした。

今回は新弾の注目カードについてです。

※10月8日一箇所訂正しました。DDD覇龍王ペンドラゴンをドラゴン族と勘違いして効果で釣り上げてサイフリートを出せると思っていました。

該当箇所は削除しました。

 

 

ãã´ã¡ã¬ãã ã·ã³ã¯ã­ã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル5以上のドラゴン族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

なかなかに面白い効果を持っています。

Twitterで見た感じではやはり真紅眼と組み合わせが注目されてるようです。

今回はこれの使い方を考えていこうと思います。

 

レベル8シンクロ

手札から出して真紅眼の黒竜を釣り上げれば8シンクロが出せます。

f:id:sakimori09:20181004143815j:image

  • 魔王龍ベエルゼ
  • 煉獄龍オーガ・ドラグーン
  • レッドデーモンズドラゴンスカーライト
  • メンタルスフィアデーモン
  • ヴァレルロード・サベージドラゴン

さらにオッドアイズ系統のレベル7闇属性ペンデュラムを蘇生すれば

  • 覇王龍クリアウィング

召喚権を使ってレベル8シンクロ一体はなかなか寂しいですが、それでも1枚で多くのシンクロモンスターを使い分けられるというのはいいカードだと思います。

この効果を発動したターン闇属性モンスターしかEXデッキしか出せないのはデメリットですが、これを逆手に取って《御前試合》を貼るという選択肢もあります。

特に永続罠に触れてくるカードに対する回答となりうるオーガドラグーンやヴァレルロードSドラゴンを出せるのも好相性です。

 

ドラゴン・復活の狂奏

f:id:sakimori09:20181004155537j:image

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、
ドラゴン族の通常モンスターを含む、自分の墓地のドラゴン族モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

ヴァレットシンクロンで真紅眼を釣り上げて魔法使い闇属性の《見習い魔嬢》をssあれば、このカードの発動条件を満たした上にリンクマーカーも2箇所あります。

ヴァレットシンクロン単体でもリンクマーカーなしの《サクリファイスアニマ》で魔法使いが場にいる条件を満たすこともできます。

黒鋼竜は自身をアニマに変換、効果でインサイトをサーチしてそのまま発動することによってコストで真紅眼が落とされるので単体で復活の協奏を使う上での二つの条件を満たすことができるという意味でヴァレットシンクロンよりやや評価が上ですが、こちらは最終的な盤面が異なっていたり単体での扱いやすさで差別化出来ています。

 

クイック・リボルブ
f:id:sakimori09:20181004160719j:image

速攻魔法
(1):デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

ヴァレット版緊急テレポートといえるこのカードはヴァレットシンクロンの登場によってチューナーをssできるカードになりました。

ヴァレットシンクロン単体では闇属性しかエクストラデッキから出せなくなる縛りによってチューナー+モンスターを並べてもハリファイバーにはなれませんでしたが、このカードによる特殊召喚ならば他のモンスターと合わせてハリファイバーになることが出来ます。

ヴァレットシンクロン以外のヴァレットを採用すればチューナーss以外の手段でも利用でき、リンクモンスターの対象に取られた際に自壊して効果を発動するヴァレットは汎用リンクモンスターであるヴァレル系のリンクモンスターとシナジーするようにデザインされているため、多くのデッキで効果を発動する機会があります。

 

そうはいってもやはりチューナーが出せるようになったからといってそれほどの強さはクイックリボルブにはないと思います。

チューナー出すだけならメインデッキの枠を食わない簡易融合や、召喚対象が手札誘発として機能する緊急テレポートの方がスマートに構築できると思います。

あくまでもヴァレットシンクロンとクイックリボルブの選択は、ヴァレットシンクロンが持つレベル1闇属性ドラゴン族のようなステータスを生かせる場合に限ると思われます。

 おわりに

今回はこんな感じです。実際使うかって言われると何とも言い難いカードですが、こういった面白い効果を持ったカードが増えるのは大変喜ばしいことです。リボルバーはキャラもぶれなくてかっこいいしCVもかっこいいし使うカードも好みのものばかりでホントに大好きなキャラです。

10月中にサモソなしでの真紅眼が固まったら真紅眼で記事を投稿しようと思っています。固まらなかったらまたほかので記事を書くので読んでいただけたら嬉しいです。

最後になりますがブログ開設して2年とちょっとですが累計50000アクセスを9月の末くらいに達成してました。これも記事を読んで頂いてる皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。今回も読んで頂いた方、ありがとうございました。